戻る受入企業詳細

一般社団法人 日本食べる通信リーグ

現在、募集期間外です。

  • 一般社団法人 日本食べる通信リーグ
  • にほんたべるつうしんりーぐ
  • サービスのキーワード 食を通じて都市と地方をつなぐ新しいコミュニティを生成、情報とコミュニケーションを通じて一次産業の新たな価値を開拓
  • 事業内容 食べもの付き情報誌「食べる通信(TM)」の普及・多地域展開の促進
地域・所在地等
ブロック 東北
都道府県 岩手県
本社郵便番号 025-0096
本社電話番号 0198-33-0971
本社住所 岩手県花巻市藤沢町446-2
ホームページ http://taberu.me/
代表者
役職 代表理事
氏名 高橋 博之
読み たかはし  ひろゆき
研修地
住所1 岩手県花巻市藤沢町446-2
住所2 東京都中央区銀座4-13-8ソフィアスクエア銀座801号室
研修概要
勤務時間 10:00~20:00(くらいの日が多い)
休日・休暇 基本的には土日・祝日(週休二日制) ※土日・祝日に出勤する場合もあります。
自社の「サービス」の特徴 ・2013年7月にNPO法人東北開墾が創業し、「東北食べる通信」を創刊しました。史上初の食べ物つき情報誌であり、情報とコミュニケーションで生産者と消費者をつなぐコミュニティサービスとして注目されました。読者は、届いた食材と情報誌を楽しみながらSNSで生産者や他の読者と交流し、感謝の気持ちや感動をシェアします。さらに、生産者や他の読者と直に交流できるイベントや現地ツアーを通じて絆を深めることで、より長期的な関係へと発展、生産者のファンを育むことができるシステムとしています。
・2014年4月には日本食べる通信リーグを創設し、全国各地で36の独自の特色を持った「食べる通信」が発行されています。読者数は合わせて8,000名を超えています。日本食べる通信リーグは、「食べる通信」の理念に共感した人々・団体をつなぎ、創刊と運営をサポートしています。ブランド、ノウハウは共有していますが、地域ごとの独自性を活かすことを推奨しています。同リーグの加盟団体はNPO、企業、地方自治体など多様で、事業者の枠を越え課題や事例を共有し、互いに切磋琢磨していける環境を構築しています。
・第1回日本サービス大賞・地方創生大臣賞を受賞しています。
提供できる「学び」 ・「食べる通信リーグ」の運営に実際に携わる中で、紙媒体だけでなく、ホームページやSNSなどインターネットを通じた情報発信・コミュニケーションについての知識やノウハウを学ぶことができます。
・限られた予算・人員の中で、外部の専門家(プロボノ)や事業者などを巻き込みながら効率的かつスピーディに事業を展開していく現場を体感しながら、そのプロセスやコーディネートなどについて学びます。
修行者に望むこと、人物像 自立的・自発的に行動できる方、ソーシャルベンチャーや一次産業の仕事に関心のある方
受入条件
修行期間 3日間から、修行者のご要望に応じます。
時期 修行者のご要望に応じます。
受入可能人数 最大3名。
修行形態 修行者と相談の上決定します。内容により、花巻・東京いずれかの拠点での研修となります。
年齢 30代以下。
性別 問いません。
必須スキル 検索サイトやSNSなどウェブ上のツールにある程度使い慣れていること
同業者の可否
特記事項
受け入れ実績 毎年大学生のインターンを受け入れています。
その他(メッセージなど) 花巻の場合、当団体のシェアハウスに宿泊することも可(要相談)。

企業へ武者修行を志願するには?

  • 「大人の武者修行」ホームページにご登録の上、「申込書」「志願書」をお送りいただきます。修行先は第3希望まで受け付けます。